リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

今すぐ高い声を出す方法!後編

こんにちは!😄

 

前回

すぐに高い声が出せるテクニック

お伝えしました!

喉頭(のど仏)を上げることで声道を短くし

音の波長が短くなることで声が高くなる!

ってやつでしたね。😅

ボイトレ用語では、この喉が上がる事を

High Larynx(ハイ ラリンクス)と言います。

High・・・高い

Larynx・・喉頭

高い位置の喉頭(のど仏)ですね。

レッスンでは略して『ハイラリ』

通しています。ちなみにその逆、

低い位置の喉頭はロウラリ(Low)です。

 

このハイラリボイス、

高音になりやすいメリットはありますが

喉にかかる負荷はけっこう大きいです。😩

喉頭を持ち上げるので歌に必要な声帯筋以外の、

およそ歌には必要ない筋肉も巻き込んでいるということです。

当然喉にかかるテンションもきつくなるので

喉を締め付けるような発声になりやすく、

やり過ぎは危険も伴います。😩

喉が上がることで鼻腔が共振しやすくなり

声も鼻にかかりやすくなりますし…

J-popシンガーの中にもこの『ハイラリ』が原因と思われる声帯結節やポリープになったしまったシンガーや、年々声が出せなくなりデビュー時のキーよりもだいぶ下げて歌っているシンガーなど見受けられます。

このようなことでハイラリボイスを

嫌うボイストレーナーも存在するのも事実です。

ハイラリ=悪😩

みたいなスクールまであります。💦

 

僕の生徒さんには

常にハイラリはダメですよ。

意図的に使えるようにしておきましょう!

と伝えています。😌

たとえばアニソンやキャラソンを歌う時は

意図的にハイラリにするのも良いでしょうし、

popsを歌う時も歌の一部をハイラリにすることで

声に幼さを出したり甘えたような声にしたり…

あくまでハイラリも

テクニックの一つと捉えています。🤔

 

あなたも

ハイラリンクスシンガーにはならず

ハイラリンクスも使えるシンガー

になってくださいねー!😄

 

TOP