リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

今すぐ高い声を出す方法!前編

こんにちは!😄

 

今日のテーマは

すぐに高い声が出せるテクニック!

をお届けします!😆

 

えっ⁉︎そんな技あるのっ⁈💦

ありますあります。

えっ⁉︎私にもできるのっ⁈💦

できますできます。

えっ⁉︎すぐにできるのっ⁈💦

2秒です。

 

まずは、この理屈を理解しておいてください!

これは音響学的な話です。難しくはありません。🙂

まずは、僕からあなたへ質問。

『ソプラノリコーダーとアルトリコーダーはなぜ

アルトリコーダーの方が低い音が出るのですか?』

…🤔

 

(知らねーよ💢早く教えろよ!😤)

 

そうです。

音の波長が長くなるからですよね。🙂

(音は空気振動の波。波長です)音波。

ソプラノリコーダーとアルトリコーダー、

楽器の長さは

ソプラノリコーダーは短く、

アルトリコーダーが長い。

楽器が長いと音の波長も長くなります。

波長が長くなると周波数が低くなり、

よって音も低くなります

ソプラノリコーダーは逆に

楽器が短いので音の波長も短くなります。

すると周波数も高くなって出る音も

高くなります。

(すごーくざっくり話してますのでご勘弁😭)

 

この理屈、

発声に使いましょうよ!😄

ソプラノリコーダーは

管の長さが短いから高音が出せます。

そうです!人間も短くしちゃいましょうー!

管を…

 

あっ、

管じゃないんだね…

にんげんだもの(相田みつを)

 

すみません。😭ちょいちょいこーいうの入れないとダメなんです…僕…にんげんだもの…

すみません…

戻ります。

 

人間の場合、管に当たる部分は声道になります。

声道って何⁈💦って方はこちらをどうぞ。

ちなみに女性が男性よりも声が高いのはこの声道が男性よりも短いことと、そもそもの声帯が男性よりも小さいので空気振動をたくさん作れます。

これによって高周波数が作れるので高い声が出せるのです!

(詳しくはこちらへ)

男性でも女性でも今よりも声道を短くできれば

理屈の上では音の波長が短くなり高音、

高い声が出せます!🙂

 

じゃ、どーやって出すの⁉︎💦…

それは…

 

喉頭(のど仏)の位置を

上げちゃいましょう!😆

(うひゃー軽いな〜ノリが)

 

喉の上げ方は口を横に広げてくと

上がりやすいです。

母音だと「い」母音。

そうです!生徒さんは高音の発声練習で

nay nay(ネイネイ)で発声しますもんね!

これ、口が横に広がり喉が上がりやすい言葉です。

(nay nay発声動画はこちら

声の質で言うと、

ゲゲゲの鬼太郎の

目玉のおやじの声

『おい!鬼太郎!』

あの声が喉が上がっている声。

もう一例、

ジャパ○ットた○たの髙○社長

(元社長)の声

『金利手数料はジャパ○ットが負担!』

あの甲高い声が喉が上がっている声。

身近なところだと

アパレルショップの女性店員さん

『いらっしゃいませ〜どうぞご覧くださ〜い』

あの声かなりの確率で喉の位置が高めです!

 

喉頭(のど仏)の位置を高くする事で

声帯の位置も高くなります。結果、

声帯から口までの声道

(リコーダーの管の部分)も短くなり、

これによって声は高くなります!

理論上、理屈の上ではの話です!

 

でもこの喉を上げて作った高い声

 

賛否両論です。😩

 

チーン…🙏😅

 

色々な意見があります。😔

声帯への負担やサウンド面など…

詳しくは次回に書きます!🙂

 

長文失礼しました。

 

 

TOP