リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

歌が上手くなる方法!

2017.10.30

ボイトレ

こんにちは!😄

春日部のボイトレ、ボーカルスクール

リトラボーカルクラブの大塚です!

今日も楽しくボイストレーニング!

今日も楽しく歌ってみましょう!♫

 

今日のテーマはこちら…

歌が上手くなる方法!

です。😄

直球です!😆

直球も直球。ど真ん中のテーマです…😅

このテーマ、あなたも興味ありますよね?

歌が上手くなりたい…

でも何をすればいいの?💦

ただやみくもに歌ったり発声練習してもおそらく効果は低いと思います。

なぜなら…

それ、あなたに必要な練習ですか…?

まず、あなたがやるべき事は

自分の弱点を知ることです。

弱点が分からなければ上達のしようがありません。

なぜ、高い声が出ないのか…

なぜ、音程(ピッチ)が悪いのか…

なぜ、声がひっくり返ってしまうのか…

なぜ、喉が痛くなってしまうのか…

なぜ、声が出しづらいのか…

なぜ、なぜ、なぜ、

この『なぜ』に答えてあげない限りあなたはいくら練習しても上手くはならないでしょう。😭

 

でも大丈夫!

 

弱点を知ればいいのです。😌

自分の弱点、

なぜ高い声が出ないのか…

なぜピッチが悪いのか…

なぜ声がひっくり返ってしまうのか…

この弱点が分かればいいんです!

そうすれば、弱点にフォーカスした練習ができます!

歌が上手くなる道筋がたつのです!😄

自分の声ってどんな声?

人にはそれぞれ声の傾向があります。

例えば、

Superflyの越智志帆さんの声

miwaさんの声

こちらの2名の声って同じ声質に聞こえますか?

声の強さはどうでしょう?

声の深さはどうでしょう?

声の太さはどうでしょう?

あなたが聞いても分かりますよね。

前者の方が深くて力強い男性的な声

後者の方が浅くて優しい女性的な声

あっ、これどっちが良いとか悪いとかじゃないですよ!あくまでも声の傾向が違うというだけの話です。

お2人ともとても素晴らしいsingerです!

さっ、ここからが本題。

あなたはどんな声ですか?

「わかるかいっ‼︎」👊

ですよね、😅

録音して客観的に聴いてみよう!

これ、歌が上手くなる方法の特効薬です!

誰もがやりたがらない、

誰もが嫌う練習方法ですが、

やるとやらないとでは、上手くなるスピードに雲泥の差がつきますよ!

自分の声が好きな人ってごく少数です。

ほとんどの人は自分の声が嫌い。

だから録音もしないし、ましては聴くこともしない。😢

これ、とても大事だから言います。

「だから上達しないんです。」

録音した事がある人なら分かると思いますが、

自分の声って自分で聞こえてる声と違いますよね。

録音した声が本当の自分の声。

いつも自分で聞こえる声は骨振動での伝わりもあり、

ちょっと違って聞こえているんです。

だから、録音しても自分の声が偽物に感じてしまう。

受け入れられない。

すごく分かります。僕も最初はそうでした。😭

でも、この録音した本当の声に向き合って練習する事であなたの声はどんどん良くなっていきます。

自分の声を知る。

これが、

歌が上手くなる方法の近道であり、

本質なのです。

では、次に実際に声の傾向を確認していきましょう!

自分の声の傾向を知ろう!

まず、自分の声を録音してみましよう!

スマホで充分です。😌

自分の好きな曲でかまいませんし、アカペラでOKです。

2つだけやっていただきたい事があります。

なるべくニュートラルな声を録音したいので、

テンポが速い曲は避けましょう。

歌いやすいテンポの曲でお願いします。

もう一つ。

サビではなく

Aメロ(曲の最初の方の低い部分)で

録音してください。

力まない自然な声を録音したいので!😄

次に、この動画の中にあなたに近い声の傾向を探してみましょう!

 

 

*生徒様ご本人の許可のもとUPしております。

あなたと近い声の傾向はありましたか?

傾向は細分化するともっとたくさんあるのですが、

今回は大まかに4つの声の傾向を提示します。

こんな声になっていませんか?

動画の中の声の傾向です!

あなたはどの傾向に近いですか?

1人目の女性の声の傾向。Pull(プル)

・叫びあげてしまう傾向です。

2人目の男性の声の傾向。Light Chest(ライト チェスト)

・声が軽い(弱い、薄い、細い)傾向です。

3人目の女性の声の傾向。Flip(フリップ)

・ひっくり返ってしまう傾向です。

4人目の女性の声の傾向。High Larynx(ハイ ラリンクス)

・喉頭(のど仏)が上に上がって声を出す傾向です。

*5人目の男性の複合型は今回は未解説とします。

もし、この中に自分に近い声が無ければ他の症状、

もしくは

上手な良い傾向の声

かもしれません!😄

今回は4つの声の傾向を提示してみました!

ほぼほぼ、このどれかに当てはまる方がほとんどです。

 

次回からはこれらの傾向に合わせた

最適な練習方法

を書いていきますのでぜひぜひ楽しみにしていてください!😊

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

TOP