リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

キンキン声を撃退して柔らかい声を手に入れよう!

2021.09.22

ボイトレ

こんにちは!😊

埼玉県春日部市のボーカルスクール

リトラボーカルクラブの大塚です!

ボイストレーニングしていますか?♪

今日も楽しく歌ってみましょう!🎙

 

たま〜に、声がキンキンしてうるさい人に遭遇しませんか?💦

何人かでカラオケに行くとその中の一人がキンキンした声の持ち主だったり。

耳に刺さるようなキンキンした声は聴く人を不快にします。😭

これは直したいですよね。

今日は簡単にキンキン声を撃退する方法をお伝えします!😊

 

キンキン声の原因

キンキン声ってどんな声?

金属音的な声や金切り声などと表現されます。

非常に硬く、鋭い、鋭利的な声の事です。

近くで聴くと耳を塞ぎたくなるような歌声です。😭

 

原因は3つ

・強力な声門閉鎖

声帯を合わす声門閉鎖が強いと呼気が漏れず、声は硬くなります。

・強力な呼気圧

強く閉じている声帯に強い呼気を当てると、強い声帯原音が生成されます。

・喉頭の位置が高く共鳴腔が小さい(短い)

喉頭の位置が高いと言うことは、すなわち声帯の位置が高いと言う事です。

声帯から唇までの距離が短いため共鳴させるスペースが小さく、高周波な声が作られます。

※喉頭とは『のど仏』の事です。

 

対策は?

先程の原因と真逆の発声を行えばキンキン声は改善されます。

声門閉鎖緩めて、呼気を弱めて、共鳴腔は広く(長く)使えば良いのです。

 

でも…

 

それって、小さな弱々しい低い声って事ですよね…😅

 

歌を歌う上で重要な声(声区)は地声です。

地声を生成するためにも声帯の合わさり(声門閉鎖)や呼気の強さは

ある程度は必要になってきます。

 

一番簡単で効果的にキンキン声を改善させる発声法は

 

喉頭の位置を下げる発声です。

 

喉頭(のど仏)の内側に声帯は備わっています。喉頭を下げる事で、

声帯から唇までの距離は長くなり、その分、周波数帯も下ります。

すなわち低音域が強調されキンキン感が和らぐ訳ですね。🤗

 

喉頭の位置を下げる簡単な方法!

喉頭の位置が高い人の口元は十中八九『横』に開いています。

喉頭が上がると口は横方向に開いてしまうのです。😭

この口の開け方を横では無く『縦方向』に開ける事で、

喉頭の位置の上昇を抑える事ができます!

 

で…どうすんの!?

 

とりあえずは、人力で行いましょう!💦

物理的に口を縦に開けさせる練習をします。

まず、唇の両端に手を置きます。

そう、もう自力で口を横に開かさせないように

 

手で抑えるのです!💦

 

両手で唇の両端を抑えると、口の形は母音の『う』の発声の時みたいに

狭くなりますよね。

その状態で歌う練習をします。

最初はとても歌いづらいですが、声の音色の変化は感じられるはずです!

キンキンとは逆に丸みのある柔かな声が出て来るはずです。

 

手を付けた歌い方に口元が慣れてきたらこちらの物!🤗

今度は手を外して歌ってみましょう!♪

徐々に口を狭く縦方向に使えるように仕向けて行くのです。

これによってキンキン声は改善され、

柔らかなマイルドな歌声が獲得できます!

 

聴き心地の良い声!

うっとりするような歌声の人っていますよね!🤗

あなたもぜひ声色美人になってください!

 

音色の変化は『共鳴』の部分がとても重要です。

どのように共鳴させるのか、どのように響かせるのかで大きく変化します。

まずは喉頭の位置(声帯の位置)に注意しましょう。

唇を両手で抑えて口を狭く使ってくださいね!

口の開け方は『狭く縦方向』です!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。😊

 

 

無料動画プレゼント!最短で高音発声を詳しく

リトラボーカルクラブ

代表/ボイストレーナー

大塚 政幸

ESPミュージカルアカデミー

シンガーソングライターコース卒業

ボーカルを佐藤涼子、ギターを井桁学

各氏に師事

大手ボーカル教室インストラクターを10年以上経験

常時70名の生徒数を抱え年間1700時間のレッスン数

累計800名以上の生徒様が上達を実感

日本音声学会 会員

リトラボーカルクラブ 公式HP

春日部駅西口 徒歩2分

 

 

無料体験レッスンのご予約はこちら

 

TOP