リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

前と後ろでぜんぜん違うよ!

こんにちは!

 

明るくてはっきりとした

通る声を出したいあなた!😄

 

前回の続き、共鳴の話しです!

 

今日のテーマは

高い周波数と舌の関係です!

 

前回、姉さんと純平の会話で

何やら、高い周波数は声道の変化で作り出せる。

そして、その声道の変化には舌が関係している。

と言っていましたね!

 

では、この話し

さっそく掘り下げてみましょう!

 

まず、

あなたに知って欲しい構音点の話しをしますね!

日本語には「あ・い・う・え・お」5つの母音があります。発声、発語するために口の形や舌の位置を

変化させますね。ここまでは大丈夫ですか?🙆‍♂️

この各母音を発声する時に、舌の位置が

最も高くなる所を

構音点(こうおんてん)

または

調音点(ちょうおんてん)

と言います!

「あ」には「あ」の構音点、

「い」には「い」の構音点がある訳です。

 

母音図を使って口の中の構音点

(各母音、舌の最高位置)を書いてみました。

台形を逆さにした形は、口を側面から見た状態と

お考えください。

図ってゆーか、手書きじゃん!💦😅🙇

図中の「前」・「後」は、

舌の前で作る母音か後ろで作る母音か。

図中の「高」・「低」は、

舌の高さを表しています。

なので、

「い」は

舌の位置は高く前での発声。

「あ」は

中央で低い位置で発声がされます。

(図の見方は大丈夫かな…⁉︎💦)

 

そして、次の図

図じゃねーし!手書きパート2スマン💦🙇

こちらは周波数を表した物。

横方向、左に行くほど高周波数(高い音、明るい)

縦方向、下に行くほど低周波数(低い音、暗い)

単位は「Hz」ヘルツ

「い」は5つの母音の中で一番高い周波数です。

「あ」は一番低い周波数…

あれっ!💦

何か気づきませんかっ! 😲

 

構音点と各母音周波数の位置関係が!

「…か、かっ…重なっとるやないかい!」😱

 

〜姉さんと純平のボイトレ劇場〜

 

…そっ、そ、そーゆー事なんだね姉さん!

舌の位置が前に来ると高い周波数になる…。

すると声が明るくクリアになる訳だ!

そーなの純平!

ボイストレーニングっていうのは

発声の生理運動と、この共鳴。

すなわち音響を合わせた、

音声学でトレーニングして行くのが

声を改善する一番の近道なの!

すごいや姉さん!

 

ってか姉さん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何者⁉︎💦

 

つづく

 

TOP