リトラボーカルクラブ

ご予約フォーム

お知らせ

声の仕組み

2017.03.26

ボイトレ

声が出る仕組みをざっくり書いてみます。

あくまでもざっくりと😅

 

まず声って何ですかね?

そんなこと考えた事もなですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

声とは…

ドゥルルルル(←ドラムロール💦)

バン!

 

声とは…

 

空気の振動です!

 

あっ…⁉︎

 

知ってた…⁉︎😵

 

まっ…小学生レベルの話しでしたね…😝

糸電話やりましたよね?

要はあれです。

 

では、声を出すために(空気を振動させるために)どのような事を身体で行われるかを説明します。

 

まずは呼吸ですね。

吐く呼気

吸う吸気

二つ合わせて呼吸です!

これが声を作るエネルギーとなります。

 

次に、その呼吸で作られた息(空気)を

音に変えるが声帯です!

息(空気)が声帯を振動させて音になります。

 

そしてこの音を口や舌を使って(構音)響かせる事で初めて声が発声(発語)されます。

この事を共鳴といいます!

 

呼吸、声帯の振動、共鳴

どれもがとても大事な要素です。

この三つのバランスが良い声をつくります。

ボイストレーニングはこれらのバランス調整と言っても良いでしょう。

生徒さんは僕がレッスン中に

喉の位置や口の形、舌の位置を口すっぱく言っているのはおなじみですよね!(^O^)

(↑これらは共鳴に関わる事です!)

これら三つのファクターを通って行われる、

この一連が発声の仕組みです!

 

ざっくりと書いてみました。

一つひとつ細かくも書いて行きたいですー!

 

TOP